政府・環境省が推奨する国民運動「COOL CHOICE」と弊社、弊社代表深作浩一郎の提唱する働き方、価値観
弊社と弊社代表深作浩一郎は、この「賢い選択」を促す「COOL CHOICE」に賛同し、提携する事業主、パートナー、クライアント様などと共に連携しながら地球温暖化対策の取組みを推進していきます。

logo_coolchoice_emj600
COOL CHOICE公式サイト:環境省

COOL CHOICE(クールチョイス)とは

引用元:COOL CHOICE公式サイト https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/about/

平成28年3月15日
安倍総理は、第34回地球温暖化対策推進本部を開催し、環境大臣を長とする『クール・チョイス推進チーム』を軸に国民運動を進め、低炭素型商品・サービスの利用を拡大する発言をしました。

平成27年12月22日
安倍総理は第32回地球温暖化対策推進本部を開催し、アイデアを募り、成功事例が共有されるよう、国民運動を全国津々浦々に展開すること、及び環境大臣が先頭に立ち、各省一体となって推進する発言をしました。

平成27年6月2日
安倍総理は第29回となる地球温暖化対策推進本部を開催し『COOL CHOICE』を旗印に政府を挙げて国民運動を展開する発言をしました。

「COOL CHOICE」とは、家電を買い換える際は、エコ家電にするという「選択」、外出の際は公共交通機関を利用するという「選択」、夏季は「COOL BIZ」で室温28度に設定するという「選択」など、日常の様々な場面において「賢い選択」を促すことで、温室効果ガス排出の抑制を目指す取組みのことです。

日本が掲げる温室効果ガス排出量の削減目標「2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減する」の達成に向け、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、地球温暖化対策につながるあらゆる「賢い選択」を行う国民運動のことです。

私たちにできることとして例えば、業務の効率化、生産性を向上させることで非効率な電気を節約。
自動車の利用を控えることでのCO2排出の削減。
クールビズをはじめ、低炭素な活動アクションプランを一人の人間として行動し続ける「継続性」と「人格」の向上。
効率的かつ能動的な自由な働き方を提唱し続けることの「選択」。
好きな場所で、好きなことをしながら、社会に価値提供をすることでの精神的充実感による「心の余裕」、、、など

弊社が提案する主軸のライフスタイルを選ぶという「賢い選択」
これらすべて「COOL CHOICE」が提唱する賢い選択となっておりますので賛同することにしました。

事務局発行の公式証明書PDFはこちらで確認できます。